2017年3月5日

むかし見た芝居6―初芝居感談(2006年1月大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」夜の部)



最近は忙しさにかまけて芝居見物もすっかりご無沙汰です。そんなときに昔見た芝居のノートを読み直すと、いちばん芝居に熱中していた20代後半から30代初めの頃の情熱を思い出し、久しぶりに芝居を見に行きたいという気になります。今回紹介するのは2006年1月の大阪松竹座「壽初春大歌舞伎」夜の部の観劇ノート。改めて思い返すと、仁左衛門と玉三郎というゴールデンコンビの芝居を見たことは自分の観劇歴の財産。そして愛之助が全国的に注目されるきっかけも、この芝居だったと思う。同時に、あの頃は澤瀉屋のホープとして活躍していた段治郎や春猿が、今では新派へと転向したこと、竹三郎の後継者だった薪車が、今では市川九團治となっていることもまた歌舞伎界の変転を見る思いです。あと、この頃の私は「大坂の芝居とは何か」ということに異常なこだわりを持っていて、それを型の分析や声の質に対する批評で考えようとしていました。若気の至りでもありますが、やはり今でも「大坂の芝居とは何か」ということへのこだわりを持ち続けています。
2016年10月30日

「乙女文楽」を見る機会がありました



たまたま仕事の関係で「乙女文楽」を見る機会がありました。乙女文楽とは、文字通り女性だけで人形を使う文楽であり、大正時代に大阪で生まれた芸能です。話には聞いていましたが、現在でも技芸を継承している一座が複数残っていると知って驚きです。通常の文楽とはまったく異なる工夫があり、これはこれで非常に面白かった。
2016年9月19日

不倫が“芸の肥やし”になることなどない


歌舞伎に関するゴシップといえば女性問題がいちばん多いわけですが、今回は橋之助が槍玉に挙がっています。キャバクラ遊びやお座敷遊びは、文字通り“遊び”ですから、やはり遊びの延長線上に誕生した芸事では避けることのできない場でもあります。しかし、勘違いしてはいけないのは、男女間の不倫や不義が“芸の肥やし”になるという考え方の本質です。はっきり言って不倫が“芸の肥やし”になるなどということはないのです。
2016年6月12日

むかし見た芝居5―現代劇としての歌舞伎〈後篇〉(2005年12月南座「吉例顔見世興行」)



前回の記事に続いて2005年12月の南座「吉例顔見世興行」観劇ノートの後篇です。藤十郎の「曽根崎心中」に対する批評を試みました。当時、私は広末保の近世文学論の影響を強く受けており、近松物に関する見方が社会経済学派的でした。最近は、もう少し違った歌舞伎観を持っていますが、それでも世の中の大多数の人と比べれば、いまでも社会経済学派的です。そういう意味では、若いころに書いたこの文章は、生意気なんだけれども、基本的な認識の布置は現在でも変わっていないと思います。
2016年6月5日

むかし見た芝居4―現代劇としての歌舞伎〈前篇〉(2005年12月南座「吉例顔見世興行」)



今回再掲するのは、2005年12月に南座で見た「吉例顔見世興行」の感想です。三代目中村鴈治郎改め坂田藤十郎襲名披露公演でした。襲名狂言の相手役は、いまは亡き四代目中村雀右衛門です。大名跡の復活と襲名ということで、非常な興奮をもって見た芝居でした。そのため筆にも力が入り、前後篇の長文となっています。いまから考えると、雀右衛門を生で見ることのできたのは幸運なことでした。そして、翫雀がいやま四代目鴈治郎となり、雀右衛門の名跡も芝雀が襲ぐことになりました。時の流れははやい。同時に、いまなお健在の藤十郎は、やはり化け物のような役者だと心底感心します。
スポンサードリンク